EXO3 グラファイト 100T

  • 402pt 総合ポイント
  • 6 みんなの声
  • 188位 全体本
  • 18位 メーカー144本
投票:1ポイント2ポイント3 ポイント4ポイント5 ポイント 3.62ポイント 投票数50 
Loading...
  • ラケット名(JP)EXO3 グラファイト 100T
  • RACKETNAMEEXO3 GRAPHITE 100T
  • ブランド(JP)プリンス
  • BRANDPrince
  • 販売開始時期2013年2月
  • 製品番号7T33M
  • フェイスサイズ100平方インチ
  • フレーム厚19.5mm
  • ウエイト315g
  • 長さ27.0インチ
  • バランス310mm
  • 推奨テンション47~57ポンド
  • グリップサイズG2・3・4
  • ベースカラーブラック
  • ポイントカラーグリーン
  • ストリングパターンMain16×Cross18
  • 素材カーボン
  • 機能EXO3, J・フレーム, TCTグロメット, エアブリッジ, ボックスフレーム, EXO3プロ グリップ, TCT エラストマースロート, ウレタンフォームコア
関連キーワード:, , , ,

みんなの声が6件届いてます!

  1. グリップサイズG2を格安中古品を購入しました。
    格安のため使用感が目立ち、キズや塗装のハゲが目立ちます。
    ガットはテクニファイバーのレザーコード120が42ポンドで張ってありました。
    使用した感じは、まずスイングすると「ブンッ」ではなく「ヒュンッ」と言った感じの軽い感じの音がして、振り抜きはかなり良いと思います。
    打球感は少し柔らかめです。
    フレームは少し硬めですが、しっかりとした剛性とボックス形状ならではのしなりを、感じられます。
    EXO3グロメットと1,20の極細ゲージと42ポンドの3点セットが相まって、フレームの薄さの割には良く飛びますので、きっちりとスピンをかければ、良い所で、落ちてくれます。
    逆にしっかりとスピンがかからないと、飛び過ぎてアウトします。
    好みもあるかと思いますが、現行のテキストリームグラファイトやこれの次のJ-PROグラファイト寄りは、扱い易いと思います。

  2. 打った印象は「なんだこりゃ・・・」

    打球感は柔らかい通り越して、ぶわぶわのなよなよ。
    飛びすぎて、スピンをかけないとコートに収まらない有様。
    (スピンは案外かかりやすい)
    フレーム厚が19.5MMしかないので、パワーも出ません。

    従来のグラファイトとは違う逸品。グラファイトとは違うラケットとして
    認識してください

  3. 実戦的なラケットだと思います。
    ラケット自体にパワーは感じませんが、だからこそ自分の意思を明確に表現でき、使い手の力量で色んなプレーを実現できるでしょう。
    ボールを押さえ込みやすく、回転量を調節することによって、フラットからスピン、スライス、エッグボールまで打ち分けしやすく、技術さえあれば思い通りのプレーができるでしょう。
    ボレーに関してはある程度押す必要があり、当てれば返るわけではなく、個人的には力が必要でかなり疲れます。
    ただ、肘に響くというようなことはなく、振動も感じないので身体には優しいのでは無いでしょうか。
    サーブもイメージ通りに打てるのでストレスを感じることはありません。
    プリンスは打球感を嫌う人がいますが、個人的には打球感がお気に入りです。
    特に、極細のポリガット(私はトルネード1.17)でハードヒットした時の食い付くような打球感は絶品です。

  4. ストロークをはじめ、全てのプレーにおいて扱い易いです。
    何よりありがたいのは、手首や肘への負担の少なさでした。
    パワーはあまりアシストしてないので、敬遠されるかたも居られるでしょうが、逆に自分で調整しやすいので、コントロールする楽しみを覚えることもできるかと

    トップライトなので315グラムの重さも、それほど感じないので、一度試してみるのも良いですよ。

  5. とても打球感の柔らかいラケットです。
    ボレーがとてもやりやすく感じました。
    315gぐらいだと、面が小さいラケットが多い中、
    このグラファイトは面が大きめなため、ボレーの安定感があります。

    今まで、ラケットよりガットが打球感を変えていると思っていましたが、
    ラケットでここまで変わるのかと実感したぐらい柔らかいです。

    ガットはプリンスのシンセティックガットDFを50ポンドで張りましたが、
    打球感が硬いのが好きな方はポリガットをおすすめします。
    しかし、基本的にラケット自体がかなり柔らかいので、
    硬い打球感が好きな方は他のラケットを選ぶことをおすすめします。

  6. 試打ラケットを3時間ほど使用した感想です。
    ガットは縦ポリ*横ナイロンで48p程度、振動止めは無しです。

    ストロークですが、ガットのたわみとフレームのしなりにより、
    球持ち感があります。打感はEXO3構造とストリングスパターンのせいか
    極めて柔らかいと感じ、振り抜きの良さにもその恩恵は感じます。

    以前から言われるO3の打感がぼやける点ですが、
    他社通常グロメットのラケットを使用されている方はやはり
    ガットで打感を出すセッティングが必要だと思います。
    しかし、肘・手首痛持ちの人や、6本止めのような強い振動止めを
    常用している人は、さほど違和感なく使えるような気がします
    (私自身がそうです)。

    サーブやボレーはあまり試せてませんが、サーブに関しては
    フラット系よりも回転系に振り抜きやストリングスパターンの恩恵が
    出るようです。

    打感やしなり具合から、フェイスにカッチリした感じが希薄だと感じたので、
    ここで好みがはっきり分かれるでしょう。。
    ただ、かつてグラファイトMIDを使用していた経験からすると、
    現在のツアーグラファイトユーザーがこれに変えるのは難しくないと
    感じました。しなり具合は似てますし、EXO3構造による飛び具合や振り抜きの
    良さは恩恵と捉えられます。また打感の希薄さはガット選択でいくらか
    解消可能だと思います。

    現在はヨネックスユーザーですが、今も私が旧グラファイトを使っていて
    次のラケットに困っている状況であるなら、これに変えると思います。

あなたの声を聞かせてください

* が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の名前、メールアドレスを書き込み「自分の声を送る」ボタンを押してください。

メールアドレスが公開されることはありません。