ブレード93

  • 205pt 総合ポイント
  • 8 みんなの声
  • 402位 全体本
  • 86位 メーカー198本
投票: 1ポイント2ポイント3 ポイント4ポイント5 ポイント 3.38ポイント 投票数13
Loading...
  • ラケット名(JP)ブレード93
  • RACKETNAMEBLADE93
  • ブランド(JP)ウィルソン
  • BRANDWilson
  • 販売開始時期2012年12月
  • 製品番号WRT71602
  • フェイスサイズ93平方インチ
  • フレーム厚20.2mm
  • ウエイト324g
  • 長さ27.0インチ
  • バランス310mm
  • 推奨テンション50~60ポンド
  • グリップサイズG1・2・3・4
  • ベースカラーブラック
  • ポイントカラーグレー
  • ストリングパターンMain18×Cross20
  • 素材バサルト・ファイバー+カロファイト・ブラック+ウルトラ・ハイモジュラス・グラファイト+グラファイト
  • 機能
関連キーワード:, , , , , , , , , , , ,

みんなの声が8件届いてます!

  1. 張り上げで350g越えますが全く気にならないですね。サブラケットにヨネックスRQis1ツアーとヘッドプレステージプロを使ってるため、重さは余りかわりません。フレームが薄くシャープなのがいいですね。93の小さめサイズですが、ダブルスでも問題なく使えます。ウィルソンのシックスワンBLX95も購入しましたが、ブレード93の方が僕は好きです。デザインも一番好みですが、フレームはボロボロで傷だらけです。1本しか無いのでもう1本購入検討中。ガットはポリなので、同じラケット二本揃えすに新機種を買うようにしています。

  2. [K]blade tourをしばらく使っていたのですが、さすがにボロくなってきたので後継機にあたるこちらを購入。
    比べてみると確かに柔らかい。アンプリフィールやバサルトファイバーの恩恵は確かに感じられます。が、[K]のはっきりとした打感が好みでしたので、柔らかすぎるという印象です。ガットで工夫するしかないですね。
    レザーグリップではなくなったのも残念です。レザーに巻き変えるとバランスが手元に寄ってしまいます。

  3. 同じようなスペックのHEAD IGプレステージmidと比べるとはるかに打ちやすいですね。
    打感もプレステージが鉄板に近くガツッとしたイメージなのに比べてかなりマイルドで、広告通りラケットがしなっているような気がします。たぶん(笑)
    ストリングパターンも18×20にしては何故かよく回転もかかります。
    デザインもかなり渋いのに、愛用しているプロ選手がいないのが残念・・・

  4. 真っ黒な見た目に惹かれて買いました。
    僕が持っているラケットで一番重いですが、振った感じは軽いです。
    面も一番小さいですが、芯で捉える事を意識するのでむしろいい感じです。
    結構トップライトなので操作し易く、手首も返し易いので、結果的にスピンをかけやすいですね。
    基本的にはフラットに打つラケットだとは思いますが。
    RPM TEAM+AK PRO16を52で張っています。

    芯で捉えた時のバッコーン!という音が結構気に入っています。

  5. 面安定性が高いのが特徴。
    当たりが厚すぎてミスしやすい自分には合っていると思います。
    チャンスボールを叩く事に対する抵抗が随分軽減されました。
    また、多少スイングが遅れてもラケットが重いので、打ち負けずにコートに収まるのが良いです。
    ボレーでは足を使って決めに行った時の球の伸びが良かったです。

  6. PROSTAFF90のモニターラケットを借りにいって貸し出し中だったため、たまたま借りたのが、BLADE93でした。試打してみたら、すっかり気に入ってしまってSTeam95から乗り換えました。
    トップライトのため、324gという重さを全く感じず、ボレー、サーブともにキレがあります。飛び過ぎず、振り抜きが良いのでコントロールし易く、打ち負けないのでとても気に入っています。
    黒で統一された硬派なデザインもいいですね。

  7. 前機種BLADE Tourよりコントロールしやすくなりました。Tourはインパクト時に少し後ろに反発を感じたのですが、このモデルは気持ちよくボールが飛んで行きます。回転、スピード共に新しいモデルの方が使いやすく、
    特に気に入っているのが、打感が柔らかくなり、サーブの切れがアップしました。
    個人的にはTourもそうでしたが、ノーマルでは打ちにくいので、バランスは変更せずウェイトを+20g増やし、反発が高いポリを使っています。ご参考になれば幸いです。

  8. 購入して2カ月弱経過しましたので、ご参考までにレビューします。

    長い間、プロスタッフ(セントヴィンセント)を愛用してきましたが、Bladeシリーズの使用は今回が初めてとなります。

    全般的な印象としては、よくまとまっているラケットという印象です。

    派手な色合いばかりのラケットが多い最近の風潮の中では、デザインはシンプルな上、貴重な艶消しブラックを大変気に入っています。

    メーカーの言っている”うねり=食いつき感+しなり感”という点では、球を”つかむ”感触は確かに逸脱、という印象を受けております。

    しかしながら、”しなり”という点はあまり感じていません。
    RA値=65か67だったと思いますが、体感RA値は、そんな硬さを全く感じさせませんが、逆に特にしなる感触もありません。

    打球音や打球感は、”サクッ”、”シャリ”という駄菓子屋の御菓子を食べている時の音のような印象が強く、違和感があります。

    高いRA値の割には、振動は少ない、というか無感触に近いモノがあり、多少気味が悪いです。

    18×20のストリングスパターンということもあり、コントール性は秀でていると感じていますが、パチーン!またはバクッ!と弾くラケットを探している人には不向きと思います。

    もう暫くテストするつもりですが、私自身、打球感や打球音を一番重視するタイプなので、このラケットをメインラケットにはしないと思います。デザインがとても良いだけに大変残念です。

コメントを残す

*は必須です。


必須項目です