プロスタッフ 6.0 85

  • 810pt 総合ポイント
  • 20 みんなの声
  • 56位 全体本
  • 14位 メーカー198本
投票: 1ポイント2ポイント3 ポイント4ポイント5 ポイント 3.92ポイント 投票数51
Loading...
  • ラケット名(JP)プロスタッフ 6.0 85
  • RACKETNAMEPro Staff 6.0 85
  • ブランド(JP)ウィルソン
  • BRANDWilson
  • 販売開始時期製造終了
  • 製品番号T6563E
  • フェイスサイズ85平方インチ
  • フレーム厚17.0mm
  • ウエイト平均320-335g
  • 長さ27.0インチ
  • バランス290-310mm
  • 推奨テンション50〜60ポンド
  • グリップサイズG2・3・4
  • ベースカラーブラック
  • ポイントカラーオレンジ
  • ストリングパターンMain16×Cross18
  • 素材ブレイド・グラファイト+ケプラー
  • 機能
関連キーワード:, , , , , , ,

みんなの声が20件届いてます!

  1. 前回の補足又は訂正です…
    前回LIMITEDベースのプロストック版と書き込みましたが、中古ラケットのネットショップで、ビンセントの後期型や台湾モデルの復刻版だと思われる中国製が販売されていたので、そちらだとか思われます。

  2. リミテッドベースのプロストック版と思われる物を購入。
    グリップサイズ4で、スロート内側部分のデザインから、後期型(勝手に呼称)だと思われます。
    市販モデルとの変更点は、長さが27,5インチと0,5インチロング仕様で、マニアックな所だと、
    ヨーク部分のメインストリングのグロメットが、後期型は通常は今時の連結グロメット仕様なのですが、ビンセントや台湾や前期型と同じ分割グロメット仕様になっています。
    塗装の方も、ラケットヘッドの「LIMITED EDITION」の表記が無く「PRO STAFF」下の「LIMITED」もありません。
    その点は削った様な跡があるので、一概には言えないでしょうが、総合的にはプロストック版だと思われます。
    ガットはナイロン系が(種類・テンション不明)張ってありました。
    ウエイトはヨネックス1,4㎜厚のナチュラルレザーグリップに変えて、プリンスエクセルスピードⅡオレンジを巻、振動止めにキモニーのマッシュルームを付けた状態の実測で、362gとかなり重めです。
    その代わりバランスがトップライトなので、そこまで重さは感じる事無く使えました。
    ただ、薄めの元グリにしたとは、グリップサイズ4は、超太いです…

  3. 10年ほど台湾製をメインで使用中。
    なかでも台湾製を好んで使うのは、他の工場のものよりも取り回しがよく、打球感はそのままに早い展開でも対応できる為。
    後継のsix-one tour90シリーズも使いましたが、バランス・打球感・取り回しの良さを超えるものはなかった。ただ、試合で使うには90の方がやりやすいかも。ここら辺は好みが分かれそう。
    セントビンセントは2本持っていますが、こちらの方が鈍くしなる打球感。反発は台湾製よりも低く感じました。
    (打った感じはウッドラケットに近い)
    そもそも打球感を楽しみながら、テニスを習得していくにはもってこいのラケットなので、難しい・難しくないは別として練習の延長線でそのまま使い続けることができれば、他のどんなラケットでも使えるようになっていると思う。
    もう一つの名器にプレステージがありますが、プレステージは柔らかいですがプロスタッフの方が硬く、コースを狙いやすい。

  4. 2000年発売のハイパープロスタッフ2000リミテッドG32本とS.エドバーグでお馴染みのプロスタッフクラシック85G3をかなり格安で購入出来ました。
    クラシックは中古市場で状態の良い物で2万円前後で、最近は殆ど出回ってません。
    ハイパープロスタッフ2000は最近では、安い物で2万円くらいで、高い物は5万4千円くらいします。1万円以下の安い物はすぐに売れてしまいます。
    クラシックはかなり状態が良くてオリジナルのケース付きで3千円代で、ハイパープロスタッフ2000は、状態は少し使用感が目立ちますが、ガット付きのが2千円代でガット無しの方が千円代で購入しました。
    ガット無しの方は元グリも購入しなければなりませんか、ガットと元グリを購入してもかなりお買い得だと思います。
    最後に、訂正です。
    前回の書き込みで、ハイパープロスタッフ2000は2000年に3000本発売と書き込みましたが、間違いで正しくは、2000年にリミテッドエディションが2000本発売で、2001年にスペシャルエディションが1000本発売で、合計3000本発売です。

  5. 2000年に、3000千本の限定発売された、プロスタッフミッドに、ハイパーカーボンを搭載した「ハイパープロスタッフ2000リミテッドエディション」を手に入れました。
    台湾製以後のモデルでセントビンセント製のプロスタッフミッドに最も近いと言われるけど、セントビンセント製は、使った事無いのでわかりません。
    以前の書き込みで、リミテッド次のモデルのProStaff®(日本未発売モデル)が1番良いと書き込みましたが、まだコートや壁打ちでの使用が出来ていないので何とも言えませんが、ボールを突いた感覚では、ハイパープロスタッフが1番良さそうです。
    ウエイトもフレームのみの実測で、333g(グリップバンド付)で1番軽いので、プロスタッフミッドの中では1番操作感も良さそうです。
    早くコートや壁打ちで、試したいです。
    因みにガットは、ウィルソンのセンセーションコントロールを53Pで張ってます。

  6. 台湾製とリミテッドとProStaff®と6.0海外復刻版を持っていますが、やはり昔のモデルの方が打球感が硬いです。
    面が小さくて、フレームが薄くて、ウエイトが重くて、ヘビースペックのラケットですが、スイートスポットで捕らえた時の打球感は、最高です。
    使用ガットってのもありますが、個人的にはリミテッドの次のモデルのProStaff®が好きです。

  7. 絶対厳しい!重いし飛ばないしサポート無
    ボールを乗せて押して運ぶ感じ
    FRマニュアルキャブ車 だわーーー
    アエロドライブだと楽ちんに好き放題させてくれる
    独立四駆 シーケンシャルマニュアル ターボ だわ

    なのでこのラケットを生涯の相棒と決めました

  8. 自分を成長させてくれるラケット。いかんせん重すぎて、コートをワイドに使うストローカーには不向き。クラシカルなサーブ&ボレースタイルがしっくりくる感じ。勝つためのラケットではなく、テニスの本質的なスキルを向上させられる(ラケットが使い手を育てる)ハードスペック。完璧に使いこなせる様になるには相当な覚悟が必要。最短で勝ちを優先するプレーヤーには不向き。やはり本当の意味でのテニスを楽しむためのラケットなのだろう。

  9. 復刻版をコレクション用に購入。練習にも使いましたが、あくまでも球出しのボールのショットのみ。セントビンセント製や、中国製の違いはわかりませんが、感触はその昔のウッドを彷彿させる
    印象。初めは、真ん中に当たらないかと思いきや良くボールを見る練習にはなるかと。最近のラケットに比べればパワーは劣ります。また、ボレーは苦労しました。明らかにこの20年のラケットの進化に驚きですが、ごまかしが利かない分
    練習になると思います。練習で相手に気を使わない程度にストロークが続くようになるのが目標です。

  10. フレームは硬くて安心感があり、打感が素直に感じられて打ちやすい。85 sq.in.と面は小さいが、それが面の硬さと安定性につながっているので、コントロールが楽しい。最近のスピンスタイルには合わないが、フラット系のオールドスタイルには慣れてしまうと他には替えられない万能性がある。PRO STAFF MIDに慣れたカラダには一択だが、往年のモデルとはストリングの間隔やフレームの響きが異なるので要注意。

  11. セントビンセントモデルのグロメットが傷んで使えなかったけど ピングロメットをネットで見つけて ガット張替え中です。

  12. 復刻版2本使っています.非常に使いやすいです.

  13. フェースサイズが小さく難しいですね。
    メインがプロスタッフ6.1の90なので、練習用として85を使っています。

    90に比べると全然飛びませんし、回転もかかりません。
    でもその難しさこそが技術的な負荷としてもってこいです。

  14. セントヴィンセントモデルを25年以上愛用してきました。
    間違いなく史上#1テニスラケットです。

    このラケットとフルナチュラルガットとの相性は抜群で、スィートスポットで捉えた時は、他ラケットでは決して味わえない打感を堪能できます。

    特に、セントヴィンセントモデルは、製造されていた時代がコスト意識が発生しようがないカーボングラファイトの黎明期にあたり、良質なカーボンを贅沢に使って製造された経緯もあり、半永久的に使えるラケットですので、中古でも十二分にその良さが味わえます。

    25年の間には、ヘッドのプレステージ、ヨネックスの赤ラケ、プリンスのグラファイト、他名器と言われるラケットも試してきましたが、このラケットを超えるモノには巡り会うことはありませんでした。

    但し、セントヴィンセント時代以降のラケットは全くダメです。台湾モデルが一番良いと言う人もいましたが、私はそうは思えませんでした。台湾時代のカーボングラファイトは明らかにコストダウンされた材料が使われていると感じました。

  15. スイートスポットで打つ時の打感とボールの伸びはK.BLXと渡り歩きましたが、プロスタッフに勝るラケットは有りません。
    コントロール性能も他を凌駕しています。
    スピンが掛からないのが難点ですが、楽しいテニスをするには最高のラケットだと思います。

  16. 台湾製ですが買ったときからスイートスポットに当たっても、抜ける感じがしませんでした。不良品かな?大学時代は前ずっと使ってましたが、今使うと食いつき性は悪いと感じます。スタイルは抜群にいいと思います。

  17. 自分はあまりスウィングスピードを出さず、フラットに打つタイプです。
    なのでこういったずっしりと重く面が狭いラケットがしっくりきます。

  18. 恐らく今最もアツイと言われてるラケットです。かつてのウッドラケットに似た打球感を持っています。ただその良さを分かるにはかなりの腕前を要します。

  19. 自分も復刻モデル購入しました。
    このラケットを使っていると懐かしい感じに浸れます。やっぱりこの時代のラケットはいいですね。

  20. 最近復刻で販売していたので購入しました。
    おそらく工場が中国なってからの物だと思います。昔の工場時代の物もサンプラスが使っていたということで、使用してみたいものですが、私たちレベルでは分からない程度だと思います。

コメントを残す

*は必須です。


必須項目です