ダンロップ 200G

  • 172pt 総合ポイント
  • 7 みんなの声
  • 453位 全体本
  • 36位 メーカー126本
投票:1ポイント2ポイント3 ポイント4ポイント5 ポイント 4.67ポイント 投票数6 
Loading...
  • ラケット名(JP)ダンロップ 200G
  • RACKETNAMEDUNLOP 200G
  • ブランド(JP)ダンロップ
  • BRANDDunlop
  • 販売開始時期2000年4月
  • 製品番号
  • フェイスサイズ95平方インチ
  • フレーム厚
  • ウエイト310-330g
  • 長さ27.0インチ
  • バランス
  • 推奨テンション
  • グリップサイズG2・3
  • ベースカラーブラック
  • ポイントカラーホワイト
  • ストリングパターン
  • 素材3Dブレードグラファイト
  • 機能
関連キーワード:, , ,

みんなの声が7件届いてます!

  1. グリップサイズ2の中古を購入。
    フレームが少し柔らかめですが、18×20のパターンなので、しっかりとした打球感です。
    コントロールも良く、良いラケットだと思います。

  2. 今でも愛用しています。
    ラケット重量があり、トップヘビーです。
    差し込まれたときの取回しは…^^;
    しかしながら、サーブやストロークは絶品です。
    18×20なのでコントロール性能が抜群。
    近年のパワーアシストはありませんが、トップヘビーのバランスなので、伸びも良い。
    そしてなんと言っても、正統派のボックス形状。
    ボールをグッと取ってドンッと放つ感じ、球持ちがめちゃくちゃいいです。
    シャフト部分は剛性が強いのでシナリはありませんが、
    フェイス部分のタワミが強いので、柔らかい打球感を実現しています。
    スピンもよくかかります。
    いろんなラケットを試しましたが、このラケットのみ、
    エッグボールが打てました。
    再販してほしいですね、ほんとにいいラケットです。

  3. 一度手放しましたが、あの球持ち感が忘れられず、中古で手に入れました。
    いいラケットです。

  4. DUNLOP100Gと300Gを持っていました。
    それぞれ90inchと98inchで打球感は違いましたが、ヘッドサイズが小さい方が振り抜き易かったですね。
    ツアースペックでもある100G,200G,300Gのラケットは、ホットメルト製法で打球感がマイルドでした。さすがに100G(90inch)は打ち負けないように、グリップサイズを4にしていましたが…(*_*;。

    ホットメルト製法の打感は、他のラケットでは再現できない不思議な感じです。厳しい重い球も優しい軽い球も全て同じフォームで打ち返せる数少ないラケットです(それだけ厳しいラケットかもしれませんが…(*_*; )。
    当時のプロが使用していたモデルでもある200Gですが、現在は日本には出回っていません。300Gなら海外通販サイトにまだ売られているようですので、買いたい衝動が抑えられない今日この頃です(^^;)。

  5. 18×20のストリングパターンでコントロール重視のラケットです。打感はマイルドですが近年のラケットのようなパワーアシストは望めません。発売当時は数多くのプロが使用しており、名器といってもよいのではないでしょうか。

  6. かなり固めの打球感です。
    少し重たいので、実力がある人でないと使えないでしょう。

  7. 懐かしいラケットですよね。
    化石のようなラケットですが、今でも使用しております。
    凄く打球感がしっかりしており、スピンもそこそこで気に入ってますね。

あなたの声を聞かせてください

* が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の名前、メールアドレスを書き込み「自分の声を送る」ボタンを押してください。

メールアドレスが公開されることはありません。