プレステージクラシック600

  • 366pt 総合ポイント
  • 7 みんなの声
  • 216位 全体本
  • 43位 メーカー203本
投票:1ポイント2ポイント3 ポイント4ポイント5 ポイント 4.70ポイント 投票数47 
Loading...
  • ラケット名(JP)プレステージクラシック600
  • RACKETNAMEPrestageClassic600
  • ブランド(JP)ヘッド
  • BRANDHEAD
  • 販売開始時期1994年
  • 製品番号
  • フェイスサイズ92平方インチ
  • フレーム厚
  • ウエイト325g
  • 長さ27.0インチ
  • バランス
  • 推奨テンション
  • グリップサイズ
  • ベースカラーレッド
  • ポイントカラー
  • ストリングパターンMain18×Cross20
  • 素材
  • 機能
関連キーワード:, , , ,

みんなの声が7件届いてます!

  1. いいラケットですね。今、テンション測ったら35ポンドだって(^^;
    18×20だからスピン掛かり難いけど、ボレーにしてもストロークにしても威力があるね。ストロークもフルスイングでOK。連続試合で360グラムは少し疲れるかな。

  2. 15年くらいいろんなラケットを使ってきて、これにたどり着きました。
    自分はプロスタ系ではなかった。
    プレステージrev proも使いましたが、少し軽いし、ちょっとしっくりこない。
    振り抜きが良くて、なんとも言えない球持ちで、
    コントロールは振り抜いた方に、イメージ通りに飛んでいく。
    惚れ込んでます。

  3. グリップはパレート式なので、好きなサイズと形に替えられる。 最高のラケットです。

  4. このラケットの最大の特性は、ラケットフレームの”粘り”でしょうね。
    現代のラケットでは決して味わえない味付けを感じることができるラケットと思います。

    課題は、グリップ形状と思います。
    いわゆる”扁平タイプ”のヘッド社のグリップに対して違和感を感じるか、否かの問題はあると思います。

    これは、当ラケットの弱点というより、ヘッドが製造するラケット全部に当てはまるものであります。
    長い間、ヘッド社のラケットを愛用し続けてきた人にはなんの抵抗もないはずですが、ウィルソン、プリンスなどの他社製ラケットからの切り替えユーザーにとっては、ある意味で致命傷になりかねない問題と言えます。

    私の場合、グリップ部をいろいろ工夫をして対応しましたが、それでも限界は感じました。

    グリップ形状以外では、不満は全くないどころか、テニス史に残る名器(ベスト3)であることは間違いありません。

    お奨めできます。

  5. 最高のラケットです!
    もう他のラケットは使えません。

  6. カッコいいラケットです。
    現在でも欲しいと思います。

  7. 名作です。今製造していれば買う人は多いでしょうね。 

あなたの声を聞かせてください

* が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の名前、メールアドレスを書き込み「自分の声を送る」ボタンを押してください。

メールアドレスが公開されることはありません。