プロスタッフ 97S 2017

  • 164pt 総合ポイント
  • 3 みんなの声
  • 468位 全体本
  • 102位 メーカー198本
投票:1ポイント2ポイント3 ポイント4ポイント5 ポイント 4.00ポイント 投票数1 
Loading...
  • ラケット名(JP)プロスタッフ 97S 2017
  • RACKETNAMEPROSTAFF 97S 2017
  • ブランド(JP)ウィルソン
  • BRANDWilson
  • 販売開始時期2016年4Q
  • 製品番号WRT73161
  • フェイスサイズ97平方インチ
  • フレーム厚19.5-19.5-19.5mm
  • ウエイト310g
  • 長さ27.0インチ
  • バランス325mm
  • 推奨テンション50~60ポンド
  • グリップサイズG1・2・3・4
  • ベースカラーブラック
  • ポイントカラーレッド
  • ストリングパターンMain18×Cross17
  • 素材バサルト・ファイバー + カロファイト・ブラック+ ブレイディッド・グラファイト+ ケブラー
  • 機能ベルベットペイント、ブレイディッド・グラファイト
関連キーワード:, , , , ,

みんなの声が3件届いてます!

  1. メインにバボラ・トニックプラスBF。クロスにRPMブラストラフ130。
    べた張りの58と52の2本を使っています。

    スナップバックの効き目は感覚的にわかり、スピンロブやバックのスライスは簡単に打てると思います。
    ガットの組み合わせのせいか食いつきが悪く打感が硬いです。
    ややトップヘビーなのでラケット重量は軽いですが結構疲れるので、男子の腕力がないと難しいラケットだと思います。

    フラットドライブ系の自分には97かRFの方が合っている気がします。

    プロスタッフとは全く別物と考えたほうがいいと思います。

  2. BURNの試打会に参加して、おぉーっ!Sラケ凄い!とビックリして買いました。Sラケですが、18×17で打感もしっかりしています。昔のグラファイトMidみたいなボヨンボヨン感は全くありません。センター付近の目の粗さは普通より細かいかも。

  3. テニス歴10年、Burn95と併用中の27歳を男性です。
    ブラスト50ポンド
    グリップはレザーから薄いシンセに代えて軽量化し、よりトップバランスにしています。(Burnと同じバランスですが、27.25インチのため)
    最初の1セット目は、やべ!っというサイドライン側のボールがライン上に落ちてくれます。サーブのスピードは出ませんが、スライスとスピンを織り交ぜて打てば嫌らしいボールが打てます。
    しかし、時間が経つにつれ薄いラケットの呪縛が。飛ばない(飛ばせない)。重いしトップヘビーなので、直線的なボールで球出しさえも辛くなってきました。がっしりした若い男性のみ最後まで使いこなせるのではないでしょうか。。
    ちなみにディミトロフはペイントジョブで、このラケットを本当に使っているのかは謎です。

あなたの声を聞かせてください

* が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の名前、メールアドレスを書き込み「自分の声を送る」ボタンを押してください。

メールアドレスが公開されることはありません。