プロスタッフ97S

  • 498pt 総合ポイント
  • 11 みんなの声
  • 139位 全体本
  • 29位 メーカー198本
投票: 1ポイント2ポイント3 ポイント4ポイント5 ポイント 3.00ポイント 投票数59
Loading...
  • ラケット名(JP)プロスタッフ97S
  • RACKETNAMEプロスタッフ97S
  • ブランド(JP)ウィルソン
  • BRANDWilson
  • 販売開始時期2015年3Q
  • 製品番号WRT73011
  • フェイスサイズ97平方インチ
  • フレーム厚19.5mm
  • ウエイト310g
  • 長さ27.0インチ
  • バランス335mm
  • 推奨テンション50~60ポンド
  • グリップサイズG1・2・3・4
  • ベースカラーブラック
  • ポイントカラーレッド
  • ストリングパターンMain18×Cross17
  • 素材
  • 機能

みんなの声が11件届いてます!

  1. パターンが細かいのでSラケ特有のカシャっとした感じは少ないと思います。
    ただ、こすりあげるようなスピンをかける方には向かないかも知れません。フラットに厚く当てられ、かつそこから持ち上げられるようなスピンであればすさまじいショットが繰り出されます。
    新作に施されているベルベットコーティングの質感は好きですが、剥げてきたときに見た目の悪さが目立ってしまうため、ノーマルコーティングのこのモデルが一番の好みです。

  2. とにかくスピンがかかります
    これでもかというほどにかかります
    ボールを潰して打つ事が好きな人におすすめです。
    振り切れば強烈なフラットドライブが決まります
    わざとかけようとすればベースラインでストンと落ちるボールになり身長も超えるので意外に中ロブがかなり強いです
    しかし当てるだけだと思ったより飛んでいってしまうので防御面はかなり弱い気がします。
    サーブは勝手に曲がってくれます(笑)

  3. 二度目
    使用して10ヶ月が経ちました。現在はセンセーションコントロール48/46Pで使用中。
    22年ぶりのテニス戻り組(49歳)なので、徐々にストリングテンションを上げていっています。
    漸く当りが戻ってきて、サーブが素晴らしく、特にスライスサーブは意識せずに振り下ろすだけでサービスライン付近で急激に掛かります。サーブは素直に振り下ろすだけで、ヘッドがとてもよく走ってくれるので、力まずにノータッチエースが狙えるのは驚きです。
    まだまだ適正テンションに達していないせいもあるのでしょうが、ストロークは相変わらず弾道が低めです。でも、反発が凄いようで、物凄く速い球が打てます。飛びも抜群で、打った瞬間にヤバイ!と思うほど、でもそれでいてスピンが効いているので、エンドライン手前に落ちて弾みます。
    ストロークは強打しないと良い音がしません。現在、バックハンドをフラットに改良中ですが、テイクバックは殆どゼロでインパクトするだけで恐ろしく飛びます。
    スライスは切らずに押すイメージで凄く速い球が飛んでいきます。
    ラケット自体にパワーがあるので、プロスタッフにしてはミスショットをカバーしてくれます。
    ウェイト:303㌘ スイングウェイト:297㌘ バランス:325㍉のラケットを使用しています。
    個体差なんでしょうが、このラケットは思ったどトップヘビーでは無いようです。

  4. ウイルソンより新しく発売された、アルパワーソフトを52ポンドで張りました。ストロークではそこそこでしたがタッチ系ではイマイチでした。 18×17で目が細かく、面圧が出るのかポリでは全体的に硬いです。
    面安定性はあると思います。このラケットにはポリ以外の物が合うと思います。個人的にはストロークでの手応えとタッチ系での柔らかさも欲しいので、ハイブリッドかモノがイイかなと思います。

  5. NXT16(45P/43P)で使用してます。313グラム スイングウェイト300グラム
    物凄くストロークが打ちやすいです。スイング自体は全然違うのですが、弾道はBLX95に近いです。唯一の違いはスピンが強烈です。弾道はまんまフラットですが落ちて跳ねる球筋です。バックハンドスライスは大したことしてないのに笑えるくらい強烈に行きます。
    サーブの感覚がBLX95と全く合わなくて、距離感に手こずりました。
    私はフォアハンドがひっぱたく系、バックハンドは少し振り上げる系なのですが、フォアはばっちりですが、バックハンドはイマイチです。なかなか思い通りのインパクトになりません。BLX95の方が断然打ちやすいです。
    振り始め少し重いので、バックスイングはコンパクトにしないと苦しいですが、一度降り出すとフェイスが勝手に加速して回っていくような面白いフィーリングです。インパクト時の安定感はBLX95とは比べ物にならないです。ボレーは下手くそなので、今ひとつ違いがわかりません。
    余りに気に入ってしまい、もう一本購入しました。

  6. アルパワー125を張って使用しています。
    アシストは少ない部類に入ると思いますが、安心感があります。
    ボレーはプロスタッフシックスワン95と同等の性能で、オープンフェイスで丁寧に当てていけば
    思惑通りにコントロールできます。
    ストロークは飛び過ぎは無いです。狙いに忠実に応えます。
    サーブも、コントロール重視ですね。
    正直、もっと楽なラケットはありますが、ふかしが減るので、ストレスの感じないラケットです。

  7. HEAD/SPEED/MP(GRAPHENEXT)と併用しています。PROSTAFFを使ってみたいと思っていたのと、SPEED/MPよりもっとトップヘビーの方が良いかなと思っていたところに丁度はまったので、思い切って購入しました。
    スイングした感じは、やはり少しヘッドが重く感じますが、逆にヘッドが走るので、振り出してしまえばラケットの重さで降りぬける感じです。ちなみに、当方、細身でマッチョではありません。
    打感ですが、軽く打つと金属的な響きがありますが、振り抜くとそれほど固い感じではありません。
    ストリングはとりあえずロールを持っているのでバボラのBRIO130を48Pで張りました(SPEEDと同じ)。飛び・反発はやはりSPEEDの方が強いので、そういう意味では楽なラケットでは無いと思います。スピン性能については、はっきり言ってよくわかりません(SPEEDに比べて明らかにスピンが掛かるという感じはしていません)
    また、SPEEDと使うと少し肘に負担が掛かっているような感じで、プレーした後はアイシングしていますが、不思議と97Sの方は痛みが出ていません。何故だかわかりませんが、私にとっては明らかに違います。
    SPEEDと比べてどちらが良いかというと、体調も含めたその時の調子で変わるかな、といったところです。ということで、まだ使い込んではいませんが、デザインも含めて気に入って使っています。
    私としては、それほど敷居の高いラケットとは、感じていません。

  8. 凄く気になっているモデルなんですが、ハードスペックとゆー意外はあまり情報がありません。流通量は結構あるみたいで買った方も少なからずいると思いますので改めて情報お願いします。
    数字的にはBLX時代からの圭モデルのような極端なトップヘビーだと思いますが実際どうでしょう?

  9. ボックス形状のラケットばりに飛ばない。
    とくにサーブが遅くなる。
    でもprostaff97が飛びすぎるという方には
    向いてるかもよ。
    スピンはやはりかかるラケット。

  10. 普通のプロスタ使ってますが、こっちはただ持っただけでハードスペックだと解りますー 使いこなすにはかなりの筋力と技術が必要かな‥‥

  11. コメントないんかい!
    売れてないな。

コメントを残す

*は必須です。


必須項目です